石造宝篋印塔 せきぞうほうきょういんとう

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 南北朝 / 近畿 

南北朝時代
石造宝篋印塔、凝灰岩製
 盛土の上に延石を並べ台石とし、その上に板石基壇を置き、さらにその上に置いた上部反花式基壇の上に建つ。基礎は、上端が二段で、側面は四面とも輪郭を…
高225.3cm(基礎-相輪)、総高273.9cm(台石-相輪)
1基
加古川市指定
指定年月日:20120228
有形文化財(建造物)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

石造宝篋印塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小作の宝篋印塔
石造宝篋印塔
乗禅寺石塔 石造宝篋印塔 (2)
村松の宝篋印塔
乗禅寺石塔 石造宝篋印塔 (4)
ページトップへ