木製多宝塔 もくせいたほうとう

工芸 / 室町 / 関東 

神奈川県
室町/1450
基壇上に裳階をつけ、蓋上に相輪を置いた方形多宝塔形の木製彩色舎利塔である。基壇は二重造出の地覆をつけ、四面上下框に束を立て、三間宛に分け、壇上四隅に擬宝珠付高欄を設け、…
総高88.0 基壇高10.5 基壇方28.2 軸高14.2 軸方16.3 屋蓋(下層)方34.0 (上層)26.0
相輪高23.5 (㎝)
1基
神奈川県横浜市中区本牧三之谷293
重文指定年月日:19630701
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人三溪園保勝会
国宝・重要文化財(美術品)

規矩整然とし、精緻を極めた木製多宝塔形舎利塔である、銘文に各種の工人並びに費用を記してあるのも珍しく、貴重な史料である。

作品所在地の地図

関連リンク

木製多宝塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅舎利塔
黒漆宝篋印塔嵌装舎利厨子
来迎院多宝塔
石造宝篋印塔
長蔵寺舎利塔及び須弥壇
ページトップへ