Horyuujikondo

法隆寺金堂

Details

Horyuujikondo

法隆寺金堂

宗教建築 / 飛鳥 / 近畿

奈良県

飛鳥/593-709

桁行五間、梁間四間、二重、初重もこし付、入母屋造、本瓦葺、もこし板葺

1棟

奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内

重文指定年月日:18971228
国宝指定年月日:19510609

法隆寺

国宝

 天智9年(670)の火災後に建立された法隆寺西院伽藍の中心建物で、中門・廻廊に囲まれたなかに、東に南面する金堂、西に五重塔が並んで建つ。
 金堂は、二重基壇上に建ち、ふくらみのある丸柱や組物に用いる雲斗雲肘木、人字形割束や卍崩しの高欄など独特の建築様式をもつ。内部は土築の仏壇を構え、本尊釈迦三尊像以下を安置する。
 世界最古の木造建造物で、全体の均衡もきわめてよい名建築である。

Related Works

Search items related to work chosen