法隆寺東院夢殿 ほうりゅうじとういんゆめどの

宗教建築 / 奈良 / 近畿 

奈良県
奈良/739
八角円堂、一重、本瓦葺
1棟
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内
重文指定年月日:18971228
国宝指定年月日:19510609
法隆寺
国宝

法隆寺東院夢殿 一棟

聖徳太子を追慕して創立された法隆寺東院の中心建物で、著名な救世観音を本尊とし、あわせて東院の創立と再興とに尽力した行信・道詮の像を安置する。この地は太子の住居であった斑鳩宮の跡地と伝えられていたが、昭和九年以降の修理工事にともなう発掘調査で、当時の掘立柱建物数棟を発見し、そのことが確認された。また、この調査では東院創立当初の回廊や南門の規模も判明した
その創立を天平一一年(七三九)とする『法隆寺東院縁起』には多少の疑問ももたれるが、天平宝字五年(七六一)の『法隆寺東院資財帳』には夢殿以下各堂宇の記録があるから、少なくともそれ以前の建立であることはまちがいない。
堂は八角形の平面をもち、一般に八角円堂と呼ばれる。建立以来何回かの修理をうけてきたが、なかでも寛喜二年(一二三〇)の修理は大改造をともなったもので、今見る姿はほぼこの時に定まった。改造の主な点は、組物を一段分積み重ね、軒部材を新材にとりかえて軒の出を増し屋根勾配を強くしたなどで建立当初と比べると建物の建ちが高くなり、全体に鎌倉時代らしい武骨さが強まったといえる。
このように中世の改造はあるものの、当初形態の復原も可能で、栄山寺八角堂とともに奈良時代の円堂を今に見ることができるのは幸いである。なお、頂上の露盤宝珠は宝瓶に八角形に宝蓋や華麗な光明をともなったもので、世上著名な優作である。

【引用文献】
『国宝大辞典(五)建造物』(講談社 一九八五)

作品所在地の地図

関連リンク

法隆寺東院夢殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

耕三寺八角円堂
唐招提寺金堂
多賀城碑〈天平宝字六年十二月一日/〉
竹厨子〈(行信大僧都奉納)/(法隆寺献納)〉
十四世藤野雲平製天平筆
ページトップへ