多賀城碑〈天平宝字六年十二月一日/〉 たがじょうひ

その他の美術 / 奈良 / 東北 

宮城県
奈良
1基
宮城県多賀城市
重文指定年月日:19980630
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

 陸奥国宮城郡(現多賀城市)に所在した多賀城は、八世紀以来陸奥国府が置かれ、奈良時代には東北経営の軍事的拠点鎮守府も併置されていた。
 多賀城碑は、多賀城跡の外郭南門に近い小丘陵上にある。材質は花崗岩質砂岩で、ほぼ真西向きに垂直に立っており、上端が半円形を呈し、一面をほぼ平らにして文字を刻む。碑面上部に「西」字を大字で刻み、その下の長方形の匡郭内に一一行、一四〇字を彫り込む。内容は、京など各地から多賀城までの里程、神亀元年(七二四)按察使兼鎮守将軍大野朝臣東人による多賀城の創建、天平宝字六年(七六二)仁部省兼按察使鎮守将軍藤原恵美朝臣朝〓による修造、および天平宝字六月十二月一日の日付を記す。
 多賀城碑は江戸時代の寛文・延宝年間からその存在が知られ始め、土中からの出土とも伝える。当初から歌枕の壺の碑とみなされて多くの人の関心を呼び、元禄二年(一六八九)には松尾芭蕉が『おくのほそ道』の旅の途次に立ち寄っている。のちに徳川光圀の注目するところとなり、仙台藩でもその調査が行われている。しかし一方で、内容等に対する疑問も出され、明治時代に入ると江戸時代の偽作ではないかとする説が出されて、論争が行われたが、その決着はつかず、種々の疑問点を残したまま、論争は大正期までで一応終息した。
 しかし、昭和四十四年以後、継続的に行われた発掘調査で明らかにされた創建時期や規模、構造などが、碑文の内容と矛盾しない。調査を契機に、碑の問題点について再検討が始まった。その結果、①文字の彫刻方法はすべて同じで、同時に彫られたこと、②書風・書体に関しては正倉院文書や木簡…

作品所在地の地図

関連リンク

多賀城碑〈天平宝字六年十二月一日/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊治城跡
宮城県田柄貝塚出土品
小品般若波羅蜜経巻第九(光明皇后御願経・五月一日経)
法隆寺東院夢殿
大威徳陀羅尼経巻第十五(光明皇后御願経・五月一日経)
ページトップへ