多賀城跡
 附 寺跡
たがじょうあとつけたりてらあと

城跡 / 東北 

宮城県
多賀城市市川・高崎・新西久保・西久保・金堀・五万崎・六月坂・浮島・大代・山王
指定年月日:19221012
管理団体名:多賀城市(大14・6・3)
史跡名勝天然記念物

奈良朝時代蝦夷征服ノ爲ニ築キタルモノニシテ鎭守府ヲ置キシ所ナリ丘陵ニ據リテ自然ノ形勝ヲ占メ土壘土壇及礎石等尚現存シテ略舊規ヲ見ルニ足ル遺瓦ノ散在スルモノ多シ城阯外ニ近ク寺阯アリ土壇礎石等アリテ堂塔ノ配置等略推知スルヲ得ヘシ奈良朝時代ノ瓦片多ク散在セルニ因リ其ノ多賀城築造ト同年代ノモノナルコトヲ知ルヘシ
S54-12-042[[多賀城跡附寺跡]たがじょうあとつけたりてらあと].txt: 大正2年10月12日史跡指定、昭和41年11月特別史跡指定の多賀城跡附寺跡は、再三の追加指定により現在の指定地は、概ね城跡外郭築地内と通称多賀城廃寺(あるいは高崎廃寺跡)の部分である。
 ところが、城跡外郭築地東南隅約200メートルの地にある小丘上で、昭和54年、多賀城市教育委員会による宅地化に先立つ事前発掘調査の結果、古代の掘立柱建物6棟及び中世の掘立柱建物18棟の建物遺構が発見された。このうち、古代建物跡群は、4×7間の4面廂付建物を中心に、その北の2×4間以上の建物、南の2×7間の建物が南北1列に並び、その南北方位は多賀城内郭建物の方位と一致する。他の3棟の建物跡は、中心建物の西で1棟、東で2棟発見されたが、その配列には一定の規格はない。6棟とも建て替えられた痕跡はなく、その建築時期は、出土須恵器より考え、多賀城第3期及至は第4期と考えられる。中世建物跡は、「安永風土記書上」より判断し、浮嶋太夫が居住したと伝えられる「館屋敷」に関係があるのではないかと考えられており、館屋敷造成の際、古代の地形が改変されたものと思われる。
 この遺跡は、館以前の遺跡と称されているが、古代建物跡群は…

作品所在地の地図

関連リンク

多賀城跡
 附 寺跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊治城跡
城生柵跡
日の出山瓦窯跡
近江国府跡<BR/> 国庁跡<BR/> 惣山遺跡<BR/> 青江遺跡<BR/> 中路遺跡
胆沢城跡
ページトップへ