竹厨子〈(行信大僧都奉納)/(法隆寺献納)〉 たけずし

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 奈良 / 関東 

東京都
奈良
高54.8cm 幅75.1cm 奥行39.1cm
1基
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19570618
国宝指定年月日:19640526
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

明治11年法隆寺から皇室に献納された宝物類(法隆寺献納御物の名で親しまれ、正倉院の宝物と並び称されている)の中に含まれているものである。
 竹厨子は、両開きの扉をもち、内部を三段に区画した厨子形の納経箱で、身を槻(つき)材でつくり、外部を細い斑ら竹をつらねて作ってある。繊細な技法とともに他に類品をみない点、奈良の貴重な遺品である。法隆寺東院縁起仏経〓資財帳に「右奉納大僧都行信師」とあるが、行信(ぎようしん)は、はじめ元興寺で法相宗を学び、広く他宗を兼学したのち法隆寺に止住し、東院の復興につくした奈良の高僧である。

作品所在地の地図

関連リンク

竹厨子〈(行信大僧都奉納)/(法隆寺献納)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

竹厨子
金銅柄香炉〈鵲尾形/(法隆寺献納)〉
金銀鍍龍首水瓶〈/(法隆寺献納)〉
金銅灌頂幡〈(片岡御祖命施入)/(法隆寺献納)〉
海磯鏡〈(天平八年二月廿二日光明皇后施入)/(法隆寺献納〉
ページトップへ