金銅灌頂幡〈(片岡御祖命施入)/(法隆寺献納)〉 こんどうかんじょうばん

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 飛鳥 / 関東 

東京都
飛鳥
総長551.0㎝
1具
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19570618
国宝指定年月日:19640526
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

法隆寺から皇室に献納された宝物類(法隆寺献納御物の名で親しまれ、正倉院の宝物と並び称されている)の中に含まれているものである。
 灌頂とは受戒、結縁等に際して受者の頭頂に香水をそそぐ仏教の儀式。金銅灌頂幡(こんどうかんじょうばん)は仏堂荘厳具の一つで、金銅の板金に忍冬唐草(にんどうからくさ)、雲、仏菩薩、飛天などを透かし彫りにし、線彫りを加えたもので、上部に四方流れ造りの天蓋(てんがい)をつくり、その四辺に瓔珞(ようらく)を飾り、内側に六節一連の大幡と三節四連の小幡を吊るしている。金銅板でこれほど古くまた完好な遺品は他に見られない。施入者と伝えられる片岡御祖(みおや)命についてはよくわかっていない。

作品所在地の地図

関連リンク

金銅灌頂幡〈(片岡御祖命施入)/(法隆寺献納)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅柄香炉〈鵲尾形/(法隆寺献納)〉
武蔵国分寺跡出土の金銅製円形飾金具
竹厨子〈(行信大僧都奉納)/(法隆寺献納)〉
銅造観音菩薩立像(法隆寺献納)
銅造摩耶夫人及天人像(法隆寺献納)
ページトップへ