黒漆大般若経厨子 こくしつだいはんにゃきょうずし

その他の画像全9枚中9枚表示

工芸 / 鎌倉 / 近畿 

奈良県
鎌倉
木造黒漆塗。頂部に宝珠を戴く屋蓋【おくがい】・軸部・基部からなり、軸部正面に両開きの扉を設け扉内面に八躰の天部形を彩絵した厨子である。
 屋蓋は八角形で、内面を大きく刳…
総高165.5 総幅96.6 (センチ)
1基
奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50
重文指定年月日:19970630
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

 本件は現在米国クリーブランド美術館所蔵の厨子と一対をなす経厨子で、大般若経全六〇〇巻のうち三〇〇巻を一〇〇巻ずつ上下三段に納めていたと考えられる。現在は総体黒漆となっているが、屋蓋や基部の一部に、黒漆の下から金箔がのぞいており、当初は一部を漆箔仕上げとしていたことが判明する。扉絵は、大般若経を護持する十六善神のうち八神を描いたもので、その服飾や装身具はいわゆる宋画に同種の例を散見することから、宋画の図像に則った可能性が指摘されている。
 大般若経厨子としては、東京・根津美術館の黒漆春日厨子一基(寛元元年=一二四三)や、奈良・東大寺の大般若経厨子一基(永正五年=一五〇八の奥書のある経典あり、扉に梵天【ぼんてん】・阿難【あなん】・一六善神を彩絵する)など、宮殿形の例が知られているが、円筒形のものはきわめて稀少で、かつ大型の堂々とした形姿を誇っている。扉内面に描かれた天部形も伸びやかな線によって、細部まで入念に描き込まれ、截金や金箔を多用した鮮やかな彩色によって、華麗な趣をたたえている。その画風は、肥痩【ひそう】のある描線や、群青・緑青などの寒色系の多用など、典雅ななかにも次代への傾向が現れ、いわゆる藤末鎌初【とうまつけんしよ】期仏画にあいつうずるところがある。金具類の作りも雄壮かつ入念で、蝶番の連結部では鬼面の両端に出る軸を二握の拳がつかむという、趣向を凝らした意匠が用いられており、後補とはいえさほど時代の降下するものではないと思われる。この種の厨子の遺例のなかでも卓越した作行と規模を誇る優品である。
 なお屋蓋納入品の中に、平安後期から鎌倉…

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆大般若経厨子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若経厨子 附大般若経
黒漆宝篋印塔嵌装舎利厨子
黒漆宝篋印塔嵌装舎利厨子 附法華経
大般若経厨子
春日神鹿舎利厨子
ページトップへ