深大寺釈迦如来倚像厨子及び関連仏具一式 じんだいじしゃかにょらいいぞうおよびかんれんぶつぐいっしき

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 昭和以降 / 関東 

吉田包春
東京都
昭和/1932
本厨子は、木造漆塗りの春日厨子形式で、基台、軸部、屋蓋から構成される。正面は両開き、両側面は片開きの扉とし、基台の下に反りをもつ脚を4本付ける。屋蓋は、宝珠をもたない宝形…
総高150.5㎝。基台:幅101.2㎝、奥行82.4㎝、高さ19.7㎝。軸部:幅86.3㎝、奥行67.6㎝、高さ110.9㎝。屋蓋:幅108.5㎝、奥行89.1㎝、高さ19.9㎝。
厨子1基他、附入仏式次第書1冊、奉献額1面
東京都調布市深大寺元町5-15-1
調布市指定
指定年月日:20160330
有形文化財(美術工芸品)

昭和7年に奉献されて以降、白鳳仏を納めた本厨子は本堂に安置されていたが、昭和51年(1976)、新たに建てられた釈迦堂に移された。しかし、白鳳時代には仏像は厨子に納められていたかったことから、本来の姿に戻すということで、近年、白鳳仏は厨子に納めず釈迦堂に安置し、厨子は本堂に戻し、中に白鳳仏のレプリカを納めている。

関連リンク

深大寺釈迦如来倚像厨子及び関連仏具一式チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆大般若経厨子
黒漆宝篋印塔嵌装舎利厨子 附法華経
黒漆宝篋印塔嵌装舎利厨子
ジュゼッペ・キアラ神父墓碑
大般若経厨子 附大般若経
ページトップへ