善通寺石造物群 ぜんつうじせきぞうぶつぐん

その他の画像全10枚中10枚表示

建造物 / 平安  鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸 / 中国・四国 

香川県
平安時代~江戸時代
善通寺境内に点在する古代から近世にかけての石造物群である。このうち東院の三帝御廟・足利尊氏利生塔と、西院の御影堂西側層塔・善通寺先師墓内中世宝塔・同中世五輪塔・同近世五…
三帝御廟宝塔:総高168.5㎝、同五輪塔:総高174.0㎝、同宝篋印塔:総高154.0㎝、足利尊氏利生塔総高240.0㎝、御影堂西側層塔残存高:56.9㎝、善通寺先師墓内中世宝塔:残存高135.5㎝、同中世…
計20基
香川県善通寺市善通寺町3-3-1
善通寺市指定
指定年月日:20110411
宗教法人善通寺 代表役員 樫原禅澄
有形文化財(建造物)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

善通寺石造物群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

禅定石造層塔
真福寺裏山五輪塔群及び宝篋印塔群
善通寺誕生院御影堂
善通寺 五重塔
善通寺 金堂
ページトップへ