真福寺裏山五輪塔群及び宝篋印塔群 しんぷくじうらやまごりんとうぐんおよびほうきょういんとう

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 鎌倉  南北朝  室町 / 中国・四国 

岡山県
鎌倉後期から室町後期/鎌倉から室町
粉米石製五輪塔・粉米石製宝篋印塔
五輪塔群最大:121㎝ 宝篋印塔群最大:108㎝
五輪塔:140基 宝篋印塔:17基
岡山県新見市上熊谷1599
新見市指定
指定年月日:20140807
有形文化財(建造物)

石塔群は、五輪塔140基、宝篋印塔17基で構成されており、14世紀頃から16世紀のものが中心で、そのほとんどが粉米石製である。またこの石塔群は『岡山県遺跡地図』に「鉢屋敷遺跡」として登録されており、「山中腹。谷上方の池堤の西脇に、20基を越す五輪塔と宝篋印塔集積。五輪塔1基が花崗岩製、ほか全て粉米石製。」と記載されている。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

真福寺裏山五輪塔群及び宝篋印塔群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

興善寺中世石造物群
宝篋印塔
村松の宝篋印塔
寂照寺宝篋印塔
乗禅寺石塔 石造宝篋印塔 (4)
ページトップへ