安楽寺八角三重塔 あんらくじはっかくさんじゅうのとう

宗教建築 / 鎌倉 / 中部 

長野県
鎌倉後期/1275-1332
八角三重塔婆、初重もこし付、こけら葺
1基
長野県上田市大字別所
重文指定年月日:18981228
国宝指定年月日:19520329
安楽寺
国宝

別所温泉近くの安楽寺は弘安年間に創建された臨済宗寺院で,鎌倉の建長寺と関係が深い。三重塔は初重に裳階を付けるため4重屋根になり,現存唯一の八角形の平面で,様式的特徴から鎌倉時代後期と考えられている。緩やかなこけら葺きの屋根,放射状の垂木,詰組とした各重の尾垂木付き三手先組物など,本格的な禅宗様である。

作品所在地の地図

関連リンク

安楽寺八角三重塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一乗寺三重塔
建長寺法堂
薬師寺東塔
建長寺山門
安楽寺山門
ページトップへ