真脇遺跡 まわきいせき

その他の画像全8枚中8枚表示

史跡 / 中部 

石川県
鳳珠郡能登町
指定年月日:19890109
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 真脇遺跡は、奥能登の富山湾に面した内浦海岸東部の真脇に所在する。ここは三方を山に囲まれた海抜6~12メートルの沖積低地で、地すべりと鉄砲水による堆積作用で小さな平地が形成されている。遺跡は、現水田の地下深くに埋蔵され、中には現地表下4メートルに達する所もある。一方、内浦海岸は、四季おりおりに種々な魚がおとずれるため、中世以来日本有数の定置網漁場として著名な所であり、特に真脇では江戸時代から昭和初期までイルカ追入漁が盛んに行われていたという。昭和55年、真脇地区の圃場整備事業計画が策定されたことから、能都町教育委員会は事前の発掘調査を昭和56~59年に実施し、本遺跡が縄文時代の遺跡として全国屈指のものであることを明確にした。調査の結果、本遺跡の層序は24層に分かれ、その中で縄文時代の文化層は13層あり、これらは縄文時代前期前葉から晩期後葉の長期にわたるものであることが明らかとなった。
 検出された遺構には、竪穴住居跡、炉跡、巨大木柱列、土壙、環状大溝など、前期から後期にわたる種々なものがあるが、なかでも学界の目を惹いたものは巨大木柱列である。巨大木柱列は、3基分が検出されているが、調査区の制約のため全体が検出されたのは1基にすぎない。いずれも平面形は円形で、使用された柱材は径50~100センチメートルの巨大なクリを半截したものであり、柱根弧面がすべて巨大木柱列の中心を向いている。平面形の規模は、直径7・5メートル、6・2メートル、5・3メートルとそれぞれ復原されている。これらの柱列は、出土した層位や伴出遺物から晩期に属するとされており、金沢…

作品所在地の地図

関連リンク

真脇遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

石川県真脇遺跡出土品
黒井峯遺跡
地蔵田遺跡
宮畑遺跡
梁瀬浦遺跡
ページトップへ