岩原古墳群 いわばるこふんぐん

その他の画像全2枚中2枚表示

古墳 / 九州 

熊本県
山鹿市鹿央町
指定年月日:19580129
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

岩原と称せられる台地上にあり、二子塚又は夫婦塚とも俗称されている。ほぼ西北に面する前方後円墳で、主軸の長さ約100メートル、後円部の径約56メートル、前方部の幅約50メートル、後円部の高さ約8メートル、前方部はやや低く、全面に葺石が存し、三段に築成され周囲に堀の跡をとどめている。
■おり、わが国の前方後円墳の中でも保存状態のきわめて良好な例に属する。なお、附近に3基の円墳がありよく旧態を保っている。
H10-12-052岩原古墳群.txt: 岩原古墳群は、熊本県の北部、菊鹿盆地の南にある鹿本郡鹿央町に所在する。墳丘長110メートルの双子塚古墳と、直径20メートルから30メートル前後の円墳8基からなるもので、古墳時代中期から後期にかけての古墳群である。熊本県を代表する古墳群のひとつとして、約4万平方メートルが史跡に指定されている。熊本県立風土記の丘として、昭和56年の確認調査を経て、平成2年から6年に整備がなされている。
 今回追加指定しようとするのは、寒原2号墳である。昭和40年に農道工事によって家形石棺が露出したもので、十数メートルの円墳と考えられる。この工事により墳丘の北半分が失われ南半分が現在残っている。この部分のみが未指定で残っていたが、今回追加指定し、古墳群としての指定を完結させ保存の万全を図ろうとするものである。また、指定名称である「岩原古墳」は、主墳の「双子塚古墳」を示す別称で、最初の指定当時には用いられていたが、現在は「双子塚古墳」が専ら用いられていること、2回の追加指定により群としての指定が拡充したことから、現在は地元において古墳群の名称と…

作品所在地の地図

関連リンク

岩原古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桜塚古墳群
古市古墳群<BR/> 古室山古墳<BR/> 赤面山古墳<BR/> 大鳥塚古墳<BR/> 助太山古墳<BR/> 鍋塚古墳<BR/> 城山古墳<BR/> 峯ヶ塚古墳<BR/> 墓山古墳<BR/> 野中古墳<BR/> 応神天皇陵古墳外濠外堤<BR/> 鉢塚古墳<BR/> はざみ山古墳<BR/> 青山古墳<BR/> 蕃所山古墳<BR/> 稲荷塚古墳<BR/> 東山古墳<BR/> 割塚古墳<BR/> 唐櫃山古墳<BR/> 松川塚古墳<BR/> 浄元寺山古墳
大塚山古墳群<BR/> 大塚山古墳<BR/> 城山古墳<BR/> 高山塚一号古墳<BR/> 高山塚二号古墳<BR/> 高山塚三号古墳<BR/> 高山塚四号古墳<BR/> 九僧塚古墳<BR/> 丸山古墳
美和山古墳群
志段味古墳群<BR/> 白鳥塚古墳<BR/> 尾張戸神社古墳<BR/> 中社古墳<BR/> 南社古墳<BR/> 志段味大塚古墳<BR/> 勝手塚古墳<BR/> 東谷山白鳥古墳
ページトップへ