雷神山古墳 らいじんやまこふん

古墳 / 東北 

宮城県
名取市植松
指定年月日:19561228
管理団体名:名取市(昭33・4・7)
史跡名勝天然記念物

 台地の上に存する前方後円墳でほぼ南面している。墳丘は主軸の長さ約168メートル、後円部の径約85メートル、高さ約8.5メートル、前方部の径約87メートル、高さ約5メートルを有する宏壮なもので、前方部は比較的低平であり、後円部は三段に築成され、周囲に掘の跡も残っている。東北地方においてこの種の壮大な前方後円墳がほぼ旧規をとどめて存することは稀有の例であり、学術上の価値が高い。なお、この古墳の北方に接近して小塚と称せられる二段築成よりなる円墳が存する。

 昭和43年、既指定地に堀跡・土塁などの遺構と北方にある小古墳と思われるものが追加された。

作品所在地の地図

関連リンク

雷神山古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大塚山古墳群<BR/> 大塚山古墳<BR/> 城山古墳<BR/> 高山塚一号古墳<BR/> 高山塚二号古墳<BR/> 高山塚三号古墳<BR/> 高山塚四号古墳<BR/> 九僧塚古墳<BR/> 丸山古墳
乙女山古墳
七ツ森古墳群
岩原古墳群
銚子塚古墳<BR/> 附 小銚子塚古墳
ページトップへ