王塚古墳 おうづかこふん

その他の画像全2枚中2枚表示

古墳 / 近畿 

三重県
鈴鹿市国府町
指定年月日:19700511
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S45-5-114[[王塚古墳]おうづかこふん].txt: 鈴鹿川の東岸段丘上の縁に所在する前方後円墳である。西の野古墳群に属し、王塚はその中で最も大きく、1号墳とも呼んでいる。
 主軸の長さ62メートル、後円部の径37メートル、同高さ6メートルで、前方部の幅47メートルで、前方部の広がりが著しく、高さも後円部とほぼ同じで、形から判断すると古墳時代後期に属し、三重県における代表的な古墳の一つである。
 明治年間に盗掘を受けたらしく、その際のくぼみが後円部中央に残っているが、遺物については不明である。古墳の周囲に空濠が存在し、さらにその外周には幅約3メートル、高さ1メートル余の土手がめぐり、その保存状況はきわめて良好である。

作品所在地の地図

関連リンク

王塚古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岩原古墳群
百舌鳥古墳群<BR/> いたすけ古墳<BR/> 長塚古墳<BR/> 収塚古墳<BR/> 塚廻古墳<BR/> 文珠塚古墳<BR/> 丸保山古墳<BR/> 乳岡古墳<BR/> 御廟表塚古墳<BR/> ドンチャ山古墳<BR/> 正楽寺山古墳<BR/> 鏡塚古墳<BR/> 善右ヱ門山古墳<BR/> 銭塚古墳<BR/> グワショウ坊古墳<BR/> 旗塚古墳                <BR/> 寺山南山古墳<BR/> 七観音古墳<BR/> 御廟山古墳内濠<BR/> ニサンザイ古墳内濠
黒姫山古墳
大塚山古墳
仁馬山古墳
ページトップへ