旧秋田藩主佐竹氏別邸(如斯亭)庭園 きゅうあきたはんしゅさたけしべってい(じょしてい)ていえん

名勝 / 江戸 / 東北 

秋田県
近世
秋田市旭川南町
指定年月日:20070206
管理団体名:秋田市(平22・8・25)
史跡名勝天然記念物

旧秋田藩主佐竹氏別邸(如斯亭)庭園は、佐竹氏の居城であった旧久保田城の北方約1kmに所在し、秋田市街北東部を流れる旭川の左岸に位置する。久保田城の搦手に近在する田園の景勝地(搦田)に営まれたこの別邸は「唐見殿」とも称された。
如斯亭は、元禄年間(1688〜1704)に第3代藩主佐竹義処(1637〜1703)が下賜した土地に近臣の大島小助が整備・管理した別荘を起源とするもので、当初は「得月店」と称された。第5代藩主義峰(1690〜1749)のとき収公して藩主の「御休所」とした。倹約の旨によって一時衰亡したが、第8代藩主義敦(1748〜1785)が安永4年(1775)に再興し、第9代藩主義和(1775〜1815)のときには庭園を整備して、秋田藩校明徳館の助教兼幹事であった儒者那珂通博に「園内十五景」(紅霞洞、靄然軒、夕陽坡、観耕台、清風嶺、佩玉矼、仁源泉、超雪渓、玉鑑池、弓字径、渇虎石、巨鼈島、星槎橋、幽琴澗、清音亭)を選ばせるとともに、その名を「如斯亭」と改め、賓客をもてなす場として活用され、また、文人墨客の交遊の場としても活用されるようになった。廃藩置県により佐竹氏が東京に移住するのに伴って、それまで藩政によく貢献した那波氏の所有となり、昭和22年(1947)には丸野内氏の所有となって現在に至っている。
庭園は南に主屋(如斯亭)を置いて北方を正面とし、遠く北方から東方にかけて新城山、太平山系を望む構成としている。北東部に園内最高所となる築山(観耕台)を設けて、そこから南に3つ、西に1つの築山を連ね、敷地中央部に円く平たい長径約3mを測る…

作品所在地の地図

関連リンク

旧秋田藩主佐竹氏別邸(如斯亭)庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧津山藩別邸庭園(衆楽園)
蹴鞠注進状
蹴鞠注進状

伝秋田秀実

佐竹曙山筆 湖山風景図
佐竹曙山筆 竹に文鳥図
佐竹曙山筆 紅蓮図
ページトップへ