半田氏庭園 はんだしていえん

庭園 / 江戸  明治  大正  昭和以降 / 中部 

長野県
江戸~現代
長野県長野市
登録年月日:20141006
管理団体名:
登録記念物

江戸時代に真田氏の城下町として発展した松代には,当時の計画的な街路・町割とともに,「カワ」・「泉水(せんすい)路(ろ)」・「セギ」から成る一連の水系が良好に遺存し,城下町の生活と密接に関連して多様な役割を果たしてきた。そのうち,今井氏庭園・半田氏庭園・宮澤氏庭園は,神田川から取水された一つの「泉水路」により連続する一群の庭園で,日常的な「生活の庭」であり,極めて質素な意匠・形態に特質がある。半田氏庭園には,明治初期に養(よう)鯉(り)池(いけ)などがあったことが知られている。昭和38年(1963)以降に半田氏の所有となり,それ以降は大幅な庭園の改築はなかったとされる。主屋南側の庭園の中央には園池があり,その南側の築山には三尊(さんぞん)石(せき)が組まれている。一つの「泉水路」でつながる庭園として松代の造園文化の発展に寄与した意義深い事例であり,造園文化に果たす役割は大きい。

作品所在地の地図

関連リンク

半田氏庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宮澤氏庭園
今井氏庭園
大木氏庭園
旧山寺常山氏庭園
野中氏庭園
ページトップへ