勝沼のぶどう栽培用具及び葡萄酒醸造用具 かつぬまのぶどうさいばいようぐおよびぶどうしゅじょうぞうようぐ

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 中部 

山梨県
500点
甲州市勝沼町下岩崎1034-1
登録年月日:20060315
管理団体名:
備考:
甲州市
登録有形民俗文化財

この資料は、山梨県甲州市勝沼町で主に明治から昭和初期にかけて使用された、ぶどう栽培と葡萄酒の醸造に関する用具である。ぶどう栽培用具は、剪定鋏や棚定規、消毒器、傘紙、もぎ籠、棹秤、木箱など、江戸時代から栽培が盛んに行われてきた勝沼、上岩崎、下岩崎の各地区の農家から収集されたものである。葡萄酒醸造用具は、破砕機や圧搾機、平桶、樽、漏斗、ボトル、打栓器などで、農家で使用していた小型の醸造用具と、共同組合や中小の醸造会社で用いられた比較的大型の醸造用具から構成される。

作品所在地の地図

関連リンク

勝沼のぶどう栽培用具及び葡萄酒醸造用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鳥取の二十世紀梨栽培用具
野州麻の生産用具
半田の酢醸造用具
狭山茶の生産用具
葡萄酒貯蔵庫(龍憲セラー)
ページトップへ