国見山廃寺跡 くにみさんはいじあと

その他の画像全4枚中4枚表示

社寺跡又は旧境内 / 東北 

岩手県
北上市
指定年月日:20040930
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 国見山廃寺跡は岩手県中部、北上川東岸の丘陵地にある古代の山岳寺院跡である。標高約245mの国見山南麓の内門岡集落には国見山極楽寺があり、それを囲む北、西、南の丘陵上、標高150mから200mに立地する。昭和11年(1936)に道路改修工事で瓦片が出土したことから古代寺院の存在が推定されるようになり、北上市教育委員会では昭和38年(1963)から5年間発掘調査を行った。その結果、塔跡1基、七間堂1基、三間堂3基が確認され、『日本文徳天皇実録』天安元年(857)条に見える定額寺、陸奥国極楽寺に比定された。昭和62年(1987)以降も発掘調査が継続され、さらに新たな遺構、遺物が発見されて、寺院全体の概要も把握されるに至っている。
これまでの調査によれば、内門岡集落西方の国見山神社周辺とその南方のホドヤマと称される地区を中心に、集落周辺とその北方の如意輪寺周辺に広く遺構が分布する。このうち国見山神社周辺とホドヤマ地区に古代の遺構が集中する。まず9世紀後半に国見山神社周辺にいくつかの掘立柱建物が確認される。10世紀後半から11世紀にかけては最も数多くの建物遺構が確認され分布域も拡大し、当廃寺の最盛期と考えられる。掘立柱建物に替わり礎石建物が成立するが、瓦の出土量から見て全面瓦葺きではない。七間堂建物は南斜面を造成して建てられており、9世紀後半の掘立柱建物から礎石建物に替わる。桁行7間、梁行1間の身舎に須弥壇が伴いその前面に8間の廂を付ける構造であり、規模から見て中心的な仏堂と考えられる。ホドヤマ地区には新たに多重塔や須弥壇を伴うと見られる三間堂など…

作品所在地の地図

関連リンク

国見山廃寺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

正家廃寺跡
根岸官衙遺跡群
中寺廃寺跡
近江国府跡<BR/> 国庁跡<BR/> 惣山遺跡<BR/> 青江遺跡<BR/> 中路遺跡
台渡里官衙遺跡群<BR/>  台渡里官衙遺跡<BR/>  台渡里廃寺跡
ページトップへ