上神主・茂原官衙遺跡 かみこうぬし・もばらかんがいせき

その他の画像全4枚中4枚表示

史跡 / 関東 

栃木県
宇都宮市茂原町・河内郡上三川町
指定年月日:20030827
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 上神主・茂原官衙遺跡は栃木県のほぼ中央、宇都宮市と上三川町の市町境に所在する古代の官衙遺跡である。この遺跡は古代の人名瓦が多数出土することから、古くから上神主廃寺跡として知られていた。平成7年以降、内容確認を目的とした発掘調査が上三川町と宇都宮市の両教育委員会によって行われ、また、北辺で北関東自動車道建設に伴う発掘調査が行われ、周辺の様相も把握された結果、遺跡は寺院ではなく官衙であることが判明した。
 遺跡は東に田川の氾濫原に面した比高約8mの台地縁辺上、標高80m前後に立地する。その西辺と南辺は幅3から4mの溝により区画されており、北辺は不明ながら、東西約250m、南北約370m以上の広さをもつ。その内部はおおよそ3つの区域に分けられ、中央に政庁域、南に正倉域、北に関連施設域となる。
  政庁域は広場を中心に南面した正殿と東西両脇殿がコの字形の建物配置をもつ。周囲に区画施設はみられない。正殿は1回建て替えられており、桁行5間・梁間3間の南面廂建物から桁行6間・梁間3間の建物にかわる。東西両脇殿はともに桁行10間・梁間2間で、西脇殿のみ建替が認められる。政庁域と正倉域は東西溝と削平されずに残されていた古墳により区画される。正倉域は約50棟の建物が確認されている。中心的建物は、唯一の瓦葺建物である桁行7間・梁間2間の大型総柱礎石建物で、掘込地業の基礎をもつ。建物の周囲は溝で区画されて独立しており、象徴的な存在となっている。この周辺に総柱建物を中心とする建物が配置される。南と西には、桁行3間もしくは4間・梁間3間の総柱建物が整然と並ぶ一方、西…

作品所在地の地図

関連リンク

上神主・茂原官衙遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大ノ瀬官衙遺跡
東山官衙遺跡
根岸官衙遺跡群
久米官衙遺跡群 <BR/> 久米官衙遺跡 <BR/> 来住廃寺跡
伊勢国府跡
ページトップへ