高梨氏館跡 たかなししやかたあと

史跡 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山 / 中部 

長野県
中世
中野市小舘
指定年月日:20070206
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

高梨氏館跡は、長野県の北東部に位置し、長野盆地の北端、南西に向かって発達する中野扇状地の扇央部の東端、標高約380mの平地に立地する、15世紀中頃から16世紀末の方形居館跡である。館跡の約1km東側の山地には、標高688mの頂部を中心に郭、空堀が展開する鴨ヶ嶺城跡、鎌ヶ嶺城跡がある。
 館跡は東西約130m、南北約100mの規模で、四方に土塁と堀が巡る、北信地方で最大規模の館跡である。昭和61年から平成4年にかけて実施した、公園整備に伴う発掘調査によって、門跡1棟、礎石建物跡5棟、掘立柱建物跡7棟、庭園跡が検出され、遺存状態は良好である。土塁は幅約10m、高さは1mから3mである。堀は幅約10m、深さ3mで、断面形はV字状を呈する。
 方形館跡に伴う庭園遺構は長野県内で唯一の事例である。東西約8m、南北約6mの規模で、池の汀は岩および川原石、滝口は3個の立石で構成されている。川原石を用いた洲浜状の遺構も認められた。池の中央にはやや大きめの岩が3個配されており、中島を形成していた可能性もある。給排水に関する明確な遺構が確認されなかったことから、枯山水様式であったと推定される。
 館跡内部の発掘調査は最終遺構面の調査にとどめたが、土塁の断割り調査によって、①築地塀、②版築状の土塁、③版築状土塁を土砂で覆った土塁、の少なくとも3段階の変遷過程が確認された。出土遺物の年代幅は、14世紀後半から16世紀末までの約250年間である。現在の方形館跡とは別の形態の高梨氏以前の段階から始まり、15世紀中頃から方形館の形態で3段階の変遷をたどった。
 高梨氏…

作品所在地の地図

関連リンク

高梨氏館跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勝沼氏館跡
大友氏遺跡
勝瑞城館跡
会津新宮城跡
陣が峯城跡
ページトップへ