旧島津氏玉里邸庭園 きゅうしまづしたまざとていていえん

名勝 / 九州 

鹿児島県
鹿児島市
指定年月日:20070726
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

鹿児島市の北部丘陵、愛宕山の西麓に位置する旧島津氏玉里邸庭園は、島津家第27代当主島津斉興(1791〜1859)によって天保6年(1835)に造営されたと伝わる。敷地東半部にはかつて主屋建築群が建っていた平坦地があり「上御庭」と呼ばれる池庭が造られた。一方、西半部は一段低くなっており、「下御庭」と呼ばれる庭園と茶室が造られた。玉里邸の諸建築は明治10年(1877)の西南戦争で焼失するが、斉興の五男、島津久光(1817〜1887)が再築に着手し、明治12年(1879)に上棟した。その後、昭和20年(1945)の太平洋戦争によって茶室、長屋門、黒門を残して建造物は焼失し、庭園は灯籠などが破損したものの、大きな被害を免れた。昭和26年(1951)には鹿児島市が玉里邸跡地を買収し、昭和34年(1959)鹿児島市立鹿児島女子高等学校が移転した。この時「上御庭」は一部を残して校舎及び運動場に改修された。「下御庭」は大きな改変を受けていないことから昭和49年(1974)に「玉里邸茶室付庭園」として鹿児島市記念物(名勝)に指定された。
 「上御庭」は書院座敷の南庭として造られたもので、東側に3つの築山と楕円形の園池を持つ。池に注ぐ流れの石組には海岸で浸食された石が用いられ、複数の流れから成る注ぎ口は渓流の姿を演出している。池の護岸はすべて石で組まれ、水深は浅く池底には板石が敷き詰められている。中島は亀の姿を象った岩から成り、この池が別称「亀の池」と呼ばれる由縁となっている。書院が失われた旧位置からは樹木越しのはるか南方に山を望むことができる。
 「下御庭」…

作品所在地の地図

関連リンク

旧島津氏玉里邸庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

みとろ苑庭園
上時国氏庭園
旧島津氏玉里邸長屋門
揚亀園
坪川氏庭園
ページトップへ