多布施公儀石火矢鋳立所図 たふせこうぎいしびやいたてしょず

その他の画像全5枚中5枚表示

絵画  日本画 / 昭和以降 / 日本  九州  佐賀県 

陣内松齢
じんのうちしょうれい
昭和時代初期
絹本着色 額装
竪68.6cm 横85.1cm
1面
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

嘉永6年(1853)のペリー来航後、幕府は佐賀藩に鉄製砲50門を注文し、品川に台場を建設することとした。これを受けて佐賀藩では、先の築地反射炉に続き、嘉永6年7月多布施川沿いに新たに公儀石火矢鋳立所(製砲工場)を設けて鋳造にあたり、150ポンド砲2門を献上した。本図は昭和初年に描いた考証復元図で、2基(4炉)の反射炉が向かい合っている。

作品所在地の地図

関連リンク

多布施公儀石火矢鋳立所図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

築地反射炉絵図
築地反射炉絵図

陣内松齢

鍋島直正品川台場巡視之図
築地大銃製造方之図
築地大銃製造方之図

青里(秀島成忠ヵ)

神ノ島・四郎島填海工事之図
薩州見取絵図
ページトップへ