カノン砲雛形 かのんほうひながた

その他の画像全2枚中2枚表示

金工  歴史資料  その他 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代末期/19世紀後半
鉄製
砲身長28.5cm 砲口径3.3cm
1門
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

佐賀藩の理化学研究機関である精煉方が試作したと伝えられる大砲の雛形。前装式で、砲腔に8条の条線が入る。カノン砲は低い弾道で長距離射撃ができるという特徴をもつ。昭和初期に通小路黒田氏より徴古館へ寄贈されたもの。

作品所在地の地図

関連リンク

カノン砲雛形チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ボンベン野戦砲(施条カノン砲)
築地反射炉絵図
築地反射炉絵図

陣内松齢

ナポレオン式四斤野砲
蒸気船雛形(スクリュ−船)
多布施公儀石火矢鋳立所図
ページトップへ