蒸気船雛形(外輪船) じょうきせんひながた(がいりんせん)

その他の画像全6枚中6枚表示

歴史資料  その他 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

安政2年/1855年
長88.0cm 幅18.6cm 高52.5cm
1点
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会
佐賀県指定重要文化財

嘉永6年(1853)のペリー来航後、幕府は西洋軍事技術の導入を阻止する従来の政策を改め、洋式軍艦の建造を大名に勧めた。これは佐賀藩精煉方が蒸気機関研究のために製造したとされる蒸気船(外輪船)の雛形。ボイラーが単管式である蒸気車雛形よりも進化した多管式となっており、蒸気の発生効率が向上している。慶応元年(1865)に三重津で完成した木製外輪蒸気船「凌風丸」の原型といわれる。

作品所在地の地図

関連リンク

蒸気船雛形(外輪船)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蒸気船雛形(スクリュ−船)
蒸気車雛形
請御意下
佐賀藩精煉方絵図
斉正公蘭船ゲデー号訪問図
ページトップへ