大隈重信宛書翰集 おおくましげのぶあてしょかんしゅう

その他の画像全5枚中5枚表示

歴史資料  文書・書籍 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

明治~大正時代
紙本墨書 巻子装
2巻
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

乾坤2巻からなる大隈重信(1838-1922)宛の書簡集。乾には鍋島直虎・直彬・英昌や中牟田倉之助、中野健明、副島道正などの18通、坤には宇都宮太郎、大木喬任・遠吉、久米邦武、山口尚芳などの16通からなる。いずれも佐賀藩(県)出身者で中央の各分野で活躍した人物からである。昭和6年(1931)、大隈重信長女熊子女史より徴古館へ寄贈された。

作品所在地の地図

関連リンク

大隈重信宛書翰集チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直正公御実歴一百図
徴古館開館式式辞
大隈重信記念館
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

カノン砲雛形
ページトップへ