「万年和平」一行書 「まんねんわへい」いちぎょうしょ

その他の美術   / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

中林梧竹 (1827-1913年)
なかばやしごちく
明治時代
紙本墨書 掛幅装
竪337.6cm 横139.1cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

蒼海(副島種臣)と並び称される佐賀藩出身の書家中林梧竹の書「萬年和平」(万年和平)。「長崎縣知事中野健明閣下貴属」と認める。佐賀藩士中野健明(1844-1898)は岩倉使節団の理事官佐佐木高行に随行し、帰国後、外交官として佛・蘭に在勤。明治16年(1883)から大蔵省主税畑を歩く。明治23年1月~26年1月まで長崎縣知事。この3年間の内に揮毫された。竪3.4m×横1.4m弱の大幅。

作品所在地の地図

関連リンク

「万年和平」一行書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

「衆人皆酔 云々」二行書
特命全権公使伊国在勤辞令等
墨画  桐竹図
墨画  桐竹図

中林梧竹  讃 副島種臣

大隈重信宛書翰集
鍋島直正公御実歴一百図
ページトップへ