内外収集標本箱 ないがいしゅうしゅうひょうほんばこ

その他 / 江戸 

江戸時代末期
(箱)竪37.9cm 横28.8cm 高19.5cm
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

和紙に包まれた60袋あまりと、数十点の付属標本類が含まれている。袋には、「ベルギー国 鉄坑ノ鉄礦」、「アメリカ産人参」、「長崎来礦石」、「薩州礒ノ濱辺…拾ひ取候砂鉄」などと墨書されている。これらは、幕末の佐賀藩士の小出千之助が参加した万延元年(1860)の遣米使節団や、文久元年(1862)に派遣された遣欧使節団、安政4年(1857)の薩摩藩視察等の際に、10代佐賀藩主鍋島直正が家臣に命じて収集させたものと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

内外収集標本箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直大・胤子夫妻像(イギリスにて)
鍋島直正公御実歴一百図
次伊達政宗征南詩韻
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

野人亭稿
野人亭稿

鍋島直正

ページトップへ