「衆人皆酔 云々」二行書 「しゅうじんみなよう うんぬん」にぎょうしょ

その他の画像全2枚中2枚表示

その他の美術   / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

副島種臣 (1827-1905年)
そえじまたねおみ
明治時代
紙本墨書 掛幅装
竪177.5cm 横96.0cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

副島種臣は佐賀藩校弘道館教諭で国学者であった枝吉南濠の二男として佐賀城下南堀端小路に生まれた。維新後は明治政府で政治家として活躍した副島種臣は、和漢洋にわたる広い学識を備え、漢詩人・書家としても知られている。兄の枝吉神陽は父南濠とともに徹底した日本一君論者で、古代法制の知識は他を圧倒していた。慶応4年(1868)明治政府に出仕し福岡孝弟とともに政体書起草に従事できたのも、兄神陽の薫陶があったためである。また種臣が書く詩文の文体が擬古文調であるのも神陽の感化によるものである。書について種臣は、字の形を整えようと考えず、一角一角に全心を込めてできるだけ遅く書く事を続けていけば、曲がっていても筋の通った字ができると述べている。「衆人皆酔。我独醒」という楚の詩人・屈原の「漁父辞」句を書した本品からも、こうした種臣の書の理念をうかがうことができる。

作品所在地の地図

関連リンク

「衆人皆酔 云々」二行書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

墨画  桐竹図
墨画  桐竹図

中林梧竹  讃 副島種臣

「万年和平」一行書
奉賀国宰清陰君世賜徽章序并詩頌
昭和10年代の銅像園
カノン砲雛形
ページトップへ