奉賀国宰清陰君世賜徽章序并詩頌

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 江戸 

嘉永2年/1849
紙本墨書 掛幅装
(一)縦132.0cm 横61.0cm (二)縦134.1cm 横61.1cm (三)縦132.9cm 横62.6cm
3幅
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

この3幅は、15年に及ぶ佐賀藩執政としての抜群の勤労により鍋島安房茂真(須古邑主/10代佐賀藩主鍋島直正庶兄)が花杏葉紋を拝領したことに対し、当時の知名士による祝賀の詩歌や文章の寄せ書きである。枝吉彰(南濠)・武富定保・野田包郁・前山長定(清一郎)・岩村貞高・草場佩川・張 弘・相良頼善・枝吉経種(神陽)、南里有隣などの名がみえる。

作品所在地の地図

関連リンク

奉賀国宰清陰君世賜徽章序并詩頌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御目通并公用諸控
御目通并公用諸控

鍋島茂真(安房)

鍋島直正公御実歴一百図
堆朱根付杏葉紋金具付胴乱
堆朱根付杏葉紋金具付胴乱

(根付)玉楮象谷

昭和10年代の銅像園
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

ページトップへ