鉄打出金箔押唐冠形兜 てつうちだしきんぱくおしとうかんなりかぶと

その他の画像全6枚中6枚表示

工芸  金工  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代初期/17世紀
鉄製
奥行34.0cm 幅30.0cm 総高52.0cm
1頭
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

唐様の冠を象った変わり兜。鉢は鉄打出金箔押とし、前正中に径12cmの黒餅を描き、後頭部に巾子形を大きく配する。眉庇には見上げ皺を盛り上げ、鉢の左右に練革金箔押の梶の葉形の脇立をつける。シコロは黒漆塗日根野形六段で、裏は潤塗革貼。桃山から近世初頭にかけて、諸々の形象を象った各種の変わり兜が流行したが、なかでも唐冠形兜は現世支配の高官の荘厳を連想させることから、武将に愛用された。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄打出金箔押唐冠形兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗唐冠形張懸兜
鉄錆地塗紺糸素掛威六十二間小星兜
黒漆塗鯱形兜
鉄地黒漆塗葵紋に虫尽し平蒔絵変わり兜
唐冠形兜
ページトップへ