白糸威富士山形兜 しろいとおどしふじさんなりのかぶと

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 江戸 

江戸時代・17世紀
1頭

丈の高い鉢と裾広がりの脇立(わきたて)を黒漆塗とし、頂辺(てへん)には銀箔を押して富士山を表わした兜です。 革毎(しころ)は両肩を短く、後中央を長くした日根野形(ひねのなり)といわれる形式で、帯状の板の上端に刻みを入れ、表面を伝統的な札仕立てのように見せかけた切符札(きっつけざね)を白糸で五段に威しています。

作品所在地の地図

関連リンク

白糸威富士山形兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

茶糸威野郎頭形兜
茶糸威野郎頭形兜

岩井善兵衛

白糸威二枚胴具足
銀伊予札白糸威胴丸具足〈兜・小具足付/〉
白糸威一の谷形兜
金小札紅糸威五枚胴具足
ページトップへ