文化遺産オンライン

茶糸威野郎頭形兜

ちゃいとおどしやろうがしらなりのかぶと

作品概要

茶糸威野郎頭形兜

ちゃいとおどしやろうがしらなりのかぶと

その他 / 江戸

岩井善兵衛

江戸時代・17世紀

1頭

銘文:朱銘 岩井善兵衛

野郎頭形といわれる変わり兜です。鉢に糟毛(かすげ)を植えて髪型をあらわし、後には髻(もとどり)を結い、銀箔押しと黒漆塗にした鉢巻を付けています。?(しころ)は帯状の鉄板の上端に刻みを入れ、伝統的な札(さね)仕立てのように見せかけた切付札(きっつけざね)を茶糸威としています。?(しころ)の一段目裏側に「岩井善兵衛」の朱銘があります。

茶糸威野郎頭形兜をもっと見る

岩井善兵衛をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / しこる

関連作品

チェックした関連作品の検索