紫糸素懸威烏帽子形桐紋兜 むらさきいとすがけおどしえぼしなりきりもんのかぶと

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1頭

 兜鉢は鉄地の烏帽子【えぼし】形で、側面に切鉄(きりかね)で大きな桐【きり】紋をあらわしている。正面や裾にも桐紋の鋲【びょう】を打ち、いずれも銀の布目象嵌(ぬのめぞうがん)を施す。■(しころ)は六段下りで、紫糸の素懸威(すがけおどし)としている。豊後国【ぶんごのくに】(大分県)日出(ひじ)藩主であった木下家に、豊臣秀吉の兜として伝来した。

作品所在地の地図

関連リンク

紫糸素懸威烏帽子形桐紋兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄錆地桃形四枚矧二段眉庇南蛮兜
紫裾濃威筋兜
樫鳥糸肩赤威胴丸
白糸威二枚胴具足
紫糸威二枚胴具足
ページトップへ