紫裾濃威筋兜 むらさきすそごおどしのすじかぶと

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1頭

 江戸時代の後期になると、復古的な思想に基づいて古い形式の甲冑が作られるようになりました。この兜もその一例で、覆輪(ふくりん)をかけた筋鉢(すじばち)に、紫糸裾濃威の(しころ)をつけ、立物(たてもの)は鍬形(くわがた)と龍です。雲州松平家に伝来したものです。

作品所在地の地図

関連リンク

紫裾濃威筋兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紫裾濃威胴丸具足
紫糸素懸威烏帽子形桐紋兜
本小札紫裾濃威胴丸
紺裾濃胴丸具足一式
縹糸威胴丸 兜・大袖付 附旗一旒
ページトップへ