模造 十二間星兜鉢 もぞう じゅうにけんのほしかぶとばち

その他の画像全7枚中7枚表示

その他 / 昭和以降 

遠藤淳二作
出土地:原品:東京都足立区 伊興町 伊興経塚出土
昭和時代・20世紀、原品:平安時代・12世紀
鉢高15.7 長24.0 幅21.2
1頭

※別作品の119字か。121016_h056では使わず。
 鎌倉時代後期の星兜を参考に明治時代に製作された作品。枝菊文高彫の鍬形台に長鍬形を挿す。吹返には藻獅子韋を張って枝菊に蝶高彫の据文を打っている。の裾にも裾金物を打ち、紫糸の地に白・萌黄・紅をV字形に配した逆沢瀉威の華やかな仕立てである。
ルビ:えだぎくもんたかぼり くわがただい ながくわがた ふきかえし もじしがわ すえもん すそがなもの しころ(2005/03/29_h14)

作品所在地の地図

関連リンク

模造 十二間星兜鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十二間星兜鉢
鉄錆地塗紺糸素掛威六十二間小星兜
黒韋肩裾取威腹巻
金小札紅糸威五枚胴具足
緋威五十二間四方白星兜
ページトップへ