十二間星兜鉢 じゅうにけんのほしかぶとばち

その他の画像全7枚中7枚表示

その他 / 平安 / 東京都 

出土地:東京都足立区 伊興経塚出土
平安時代・12世紀
鉄製漆塗
鉢高(眉庇含む)15.1 長21.4 幅20.8
1頭

明治12年、伊興町(いこうまち)の経塚遺跡から出土した星兜鉢。本来の鉢の裾に高さ約4㎝の帯状鉄板をめぐらせて鉢を拡大する改造をおこない、この鉢が長く使用されたことがわかります。元来の鉢は、内径20cm程で、台形の鉄板10枚を張り合わせた古様のものであったと考えられます。

作品所在地の地図

関連リンク

十二間星兜鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

模造 十二間星兜鉢
模造 十二間星兜鉢

遠藤淳二作

緋威五十二間四方白星兜
黒漆横矧銅具足
宋通元宝
咸平元宝
ページトップへ