黒韋威肩白胴丸〈大袖・喉輪付/〉 くろかわおどしかたしろどうまる〈おおそで・のどわつき〉

工芸 / 室町 / 近畿 

室町
黒漆塗。盛上本小札、鉄韋一枚交。威毛上二段白糸、以下黒韋毛引威。耳糸亀甲打組糸(紺、白、紫、萌黄)、畦目花織啄木打(白、紫、萌黄、紺)、菱縫紅糸。仕立挙前二段、後三段、…
小札高6.8 小札幅1.8 威毛幅0.8~1.0
胴高32.5 胴廻(上)103.0 (下)93.0 
草摺高(前)28.0 草摺幅(上)17.0 (下)24.0
大袖高42.8 幅35.5  笄金物長18.2
喉輪総高27.2  月輪…
1領
重文指定年月日:19700525
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

藍染の濃いいわゆる黒韋で威し、肩二段は白糸である。右脇で引き合わせ、胴は四段、草摺は八間五段下りの典型的な胴丸で、保存も完好である。金具は菊枝文の彫物を施し、革所は獅子牡丹文の染韋で、いずれも室町時代の特色が著しい。祇園祭浄妙山の人形が着用して伝えたものである。『集古十種』には楠木正成所用のものとして記載される。

関連リンク

黒韋威肩白胴丸〈大袖・喉輪付/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒韋威肩紫紅白糸胴丸
黒韋威胴丸 兜、大袖付
色々威腹巻〈大袖付/〉
色々糸威腹巻
紺糸威紫白肩裾胴丸〈大袖付/〉
ページトップへ