Iroiroitodoshiharamaki

色々糸威腹巻

Details

Iroiroitodoshiharamaki

色々糸威腹巻

金工

胴高:29.5cm

1領

この腹巻は、胴を黒漆塗の革小札(かわこざね)と鉄小札を一枚交ぜにして、立挙(たてあげ)前二段、後三段、衝胴(かぶきどう)四段に仕立て、草摺(くさずり)は七間五段下り、大袖は垂れ七段で、これらを紫・緋・萠荵糸で段威(だんおどし)にしている。金具廻りのうち胸板・大袖冠板には、通常絵革を張るところを漆塗に金箔押しをほどこしている。八双金物は出八双で、鍍金魚子地(ときんななこじ)に唐草文を毛彫りし、これに八重菊笠鋲(やえきくかさびょう)を二個ずつ打つ。 黒漆で盛り上げた小札、それに出八双になった金物、また金箔押しの胸板や多色を用いた威毛などに、室町時代末期の特色がよく表れている。とくに背面の隙間を覆う背板がついているのは類例が少ない。

Search by Iroiroitodoshiharamaki

Search by 京都国立博物館

Keywords

/ Armor / / おどし

Related Works

Search items related to work chosen