黒韋肩裾取威腹巻 くろかわかたすそどりおどしのはらまき

その他の画像全20枚中16枚表示

その他 / 室町 

室町時代・15世紀
1領
重要文化財

 鹿韋を藍【あい】で濃く染めた黒韋威【くろかわおどし】を中心に、前後の立挙【たてあげ】および草摺の裾に紅糸と白糸を用いた肩裾取【かたすそどり】威の腹巻。袖【そで】も胴に準じた配色である。胸板などの金具廻は藻獅子韋包みとし、金物は鍍金の枝菊透しの座に菊鋲を打って、室町時代の典型的な形式を示している。(しかがわ たてあげ くさずり むないた かなぐまわり もじしがわ かなもの ときん きくびょう)(20050921_h05)

作品所在地の地図

関連リンク

黒韋肩裾取威腹巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒韋肩白威胴丸
色々糸威腹巻
黒韋威胴丸
紺糸肩裾取威腹巻
黒韋威肩色糸腹巻
ページトップへ