紺糸肩裾取威腹巻 こんいとかたすそどりおどしのはらまき

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 室町 

室町時代・16世紀
1領

腹巻は、元々は中下級の歩兵用に動きやすく軽快につくられた甲冑ですが、室町時代(16世紀)には重武装化されて上級武将も着用するようになりました。胴の背面に引合せがあり、草摺(くさずり)は七間五段下りです。威(おどし)は紺糸を中心に上下に紅糸を配した肩裾取としています。

作品所在地の地図

関連リンク

紺糸肩裾取威腹巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒韋肩裾取威腹巻
色々威腹巻〈大袖付/〉
色々糸威腹巻
黒韋威肩色糸腹巻
黒韋肩妻取威胴丸
ページトップへ