黒韋威肩色糸腹巻 くろかわおどしかたいろいとはらまき

その他 / 室町 

室町時代・15世紀
胴高33.0 胴廻100.5 草摺高29.0
1領

腹巻とは背面に引合せを設けた甲のことである。南北朝時代から室町時代にかけて戦闘形式が騎馬戦から徒歩戦へ変化するなか、より動きやすい歩兵用の甲として用いられた。これは室町時代の典型的な形式の腹巻で、黒韋を中心に、立挙は紅・萌黄糸で威している。
(よろい たてあげ もえぎ)

作品所在地の地図

関連リンク

黒韋威肩色糸腹巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒韋肩裾取威腹巻
紺糸肩裾取威腹巻
黒韋威胴丸 兜、大袖付
黒韋肩妻取威胴丸
色々威腹巻〈大袖付/〉
ページトップへ