黒韋威胴丸 くろかわおどしのどうまる

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 南北朝  室町 

南北朝~室町時代・14~15世紀
1領

 鹿韋を藍で濃く染めた黒韋で威した胴丸。金物は鍍金(ときん)の菊文、袖や草摺(くさずり)の裾板(すそいた)の菱縫(ひしぬい)は朱漆描きとし、肩上(かたがみ)には、通常、大鎧に付く半月形の障子(しょうじ)の板を付けいてる。補修の部分も認められるが、実用本位の質実な胴丸の形式を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

黒韋威胴丸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒韋肩裾取威腹巻
黒韋威胴丸 兜、大袖付
黒韋肩白威胴丸
黒韋威肩紫紅白糸胴丸
樫鳥糸肩赤威胴丸
ページトップへ