文化遺産オンライン

黒韋威胴丸

くろかわおどしのどうまる

作品概要

黒韋威胴丸

くろかわおどしのどうまる

その他 / 南北朝 / 室町

南北朝~室町時代・14~15世紀

1領

 鹿韋を藍で濃く染めた黒韋で威した胴丸。金物は鍍金(ときん)の菊文、袖や草摺(くさずり)の裾板(すそいた)の菱縫(ひしぬい)は朱漆描きとし、肩上(かたがみ)には、通常、大鎧に付く半月形の障子(しょうじ)の板を付けいてる。補修の部分も認められるが、実用本位の質実な胴丸の形式を示している。

黒韋威胴丸をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

胴丸 / / / 草摺

関連作品

チェックした関連作品の検索