紫糸威最上胴腹巻 むらさきいとおどしもがみどうはらまき

工芸  金工 / 江戸 / 日本 

江戸時代後期
兜径28.9~29.5cm 兜高16.2cm 胴高29.8cm
1領

大道寺家は後北条氏の旧臣で、清洲城主松平忠吉(徳川家康四男)に招かれて以後、二千石の馬廻組頭として代々尾張藩の重臣を勤めた。本資料は、この大身の尾張藩士の家に伝来した具足で、鎧下から采配にいたるまで完備した貴重な資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

紫糸威最上胴腹巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紫糸威二枚胴具足
黒糸威二枚胴具足〈兜・小具足付/(榊原康政所用)/〉
三好家の甲冑
南蛮胴具足〈兜・小具足付/〉
色々威腹巻〈大袖付/〉
ページトップへ