文化遺産オンライン

紫裾濃威胴丸具足

むらさきすそごおどしのどうまるぐそく

作品概要

紫裾濃威胴丸具足

むらさきすそごおどしのどうまるぐそく

その他 / 江戸

明珍宗胤

江戸時代・19世紀

1領

銘文:胸板裏銘 天保八丁酉二月吉辰 明珍紀宗胤謹作之

 龍頭(たつがしら)の兜(かぶと)をはじめ籠手(こて)・脛当(すねあて)にいたるまで中世の甲冑を模した復古形で、(しころ)や胴・袖を白・薄紫・紫と裾に向かって色を濃く威した紫裾濃威の胴丸仕立ての具足である。袖の冠板(かんむりいた)のうらに「天保八丁酉二月吉辰」「明珍紀宗胤謹仕継之」の銘が切られている。(20050315_h05)(120724_h056)

紫裾濃威胴丸具足をもっと見る

明珍宗胤をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 胴丸 / 裾濃

関連作品

チェックした関連作品の検索