紫裾濃威胴丸具足 むらさきすそごおどしのどうまるぐそく

その他の画像全4枚中4枚表示

その他 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1領
銘文:胸板裏銘 天保八丁酉二月吉辰 明珍紀宗胤謹作之

 龍頭(たつがしら)の兜(かぶと)をはじめ籠手(こて)・脛当(すねあて)にいたるまで中世の甲冑を模した復古形で、(しころ)や胴・袖を白・薄紫・紫と裾に向かって色を濃く威した紫裾濃威の胴丸仕立ての具足である。袖の冠板(かんむりいた)のうらに「天保八丁酉二月吉辰」「明珍紀宗胤謹仕継之」の銘が切られている。(20050315_h05)(120724_h056)

作品所在地の地図

関連リンク

紫裾濃威胴丸具足チェックした作品をもとに関連する作品を探す

本小札紫裾濃威胴丸
紫裾濃威筋兜
紺裾濃胴丸具足一式
色々威胴丸兜頬当大袖籠手付
黒韋威胴丸 兜、大袖付
ページトップへ