文化遺産オンライン

仁王胴具足

におうどうぐそく

作品概要

仁王胴具足

におうどうぐそく

その他 / 安土・桃山

安土桃山時代・16世紀

1領

朱塗の胴の意匠が、金剛力士像の体躯を連想させることから仁王胴具足といわれます。胴の背面には丸に心字を金箔で表わしています。兜は糟毛を鉢全体に植え、後に髻を結って野郎頭と称します。威はすべて浅葱糸威です。総体にリアルで異様な雰囲気をもつ具足です。(かぶと かすげ もとどり やろうがしら おどし あさぎいとおどし) 

仁王胴具足をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

具足 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索