鍋島直茂宛て豊臣秀吉朱印状 なべしまなおしげあてとよとみひでよししゅいんじょう

文書・書籍 / 安土・桃山 

豊臣秀吉
とよとみひでよし
文禄年間
紙本墨書
縦46.7cm 横67.0cm
1通
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

豊臣秀吉から朝鮮出兵の命を受けた鍋島直茂(1538~1618)は天正20年(1592)4月に朝鮮へ渡海。同じ二番隊の加藤清正らと軍を北へと進め、一時は朝鮮北東奥部の咸鏡道にまで侵攻した。国内の秀吉は滋養効果のある虎を求めたため、諸将は競って虎を入手し秀吉に贈った。本状は秀吉から鍋島直茂に発給された朱印状。虎についての指示を受けた直茂が「狩取りの皮・頭・骨・肉・肝胆」などを秀吉の送り届けたことに対する礼状である。直茂自身が鑓を手に虎を捕獲したというよりも、「早々に申し付け」て手配したのである。同月9日付けの秀吉朱印状にも「先度虎の頭儀、仰せ遣わされ候の処に、早々到来、悦び思召し候」とあり、直茂が続けて贈った虎の頭への礼が述べられている。ただ、文禄4年(1595)とされる別状では「虎の儀仰せ遣わされ候の処、即ち一肉骨腸以下色々取り揃え、入念到来、別て悦び思召し候」と礼を述べた上で、「この上、入らざる候間、狩り仕事一切無用に候」と虎狩りの停止を命じている。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島直茂宛て豊臣秀吉朱印状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直茂・勝茂宛て豊臣秀吉朱印状
豊臣秀吉朱印状(慶長役陣立て)
鍋島直茂宛て豊臣家五奉行連署状
鍋島直茂宛て豊臣秀吉書状
鍋島直茂宛て豊臣秀吉朱印状
ページトップへ