八代・芦北の七夕綱 やつしろ・あしきたのたなばたづな

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 九州 

選定年月日:20150302
保護団体名:八代七夕綱保存会、芦北町七夕綱保存会
備考:公開日:毎年8月6日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

本件は、熊本県の八代市と芦北町に伝承される七夕行事で、集落の入口などに綱を張り、藁製の人形や履物、農具などの藁細工を吊るすものである。綱は、長い一本綱で、集落を流れる川を挟んで張られる場合が多く、七夕様(牽牛・織女)が綱を伝わって会う、綱を張ることで集落内に悪霊や疫病などが侵入するのを防ぐ、盆の精霊(先祖の霊)が綱を渡ってやって来るなどの伝承がある。また、綱の切れ具合によって、農作物の出来を占うことも行われてきた。(解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

八代・芦北の七夕綱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

尾山の七夕流し
東関東の盆綱
因幡宝木のしょうぶ綱
隠岐西ノ島のシャーラブネ
象潟の盆小屋行事
ページトップへ